リアル異性の表情やシナリオのない交流、温もりは、セーブもロードもできないからこそ魅力があります。

リアル異性の素晴らしさ

今まで二次元における魅力などをお伝えしてきましたが、ここでは次元を隔てた恋愛にはない、
リアル異性ならではの素晴らしさについてお伝えしていきます。

 

リアル異性の魅力はやはり、仮想世界では感じられない体温を感じられること。

 

長く次元を隔てた恋愛をしている者にとっては相手の体温を感じることは今世では叶わないと感じているはずです。ときにその精神的な恋愛に折れそうになることがあるかもしれませんね。

ときめく

 

当然人間であるからには弱気になったり、塞いだ気持ちになることもあります。そういうときに憎からず思っている異性から頭をポンポンされたり差し入れをもらえたら、不覚にもときめいたり・・・。

 

人間的な温かさに感じるのは二次コンであっても例外ではありません。
二次元にはない新鮮な感動安心感がありますよね。

 

また、二次元では

  • ツンデレ
  • 妹キャラ
  • 委員長

など、「記号化」されたキャラクターの性格、行動様式がありますが、それもリアル異性との大きな違いの一つでしょう。

 

現実のリアル異性はもっと複雑でありながら、単純な面も持ち合わせています。
その一貫性のない不思議さはキャラクターにはない魅力です。
相手の言動に予測がつかないことのほうが多いことでしょう。
振り回されることが多いけれど、そのままならなさがあるからこそ自分の希望に応えてくれた時の嬉しさも一潮です。

 

恋愛シミュレーションゲームは選択肢が現れますが、現実には出てきません。

リアル異性との交流が難易度高く感じられるかもしれませんが、相手の機微にヒントは隠されています。

 

「ゲーム」というと言い方が悪いですが、最初は少し気になる異性に対して恋愛ゲームの要領でアプローチをしてみれば、いつの間にかゲームよりも夢中になっているかもしれません。

 

二次元のキャラはいくら時が経っても変わらないけれど、リアル異性の年を重ねる毎の容姿の変化もまた、その時にしか見られない画ですから貴重ですよね。毎瞬毎瞬がレアなのです。

 

数え切れない表情やシナリオのない交流、温もり・・・。
それらはセーブもロードもできないからこそ、大切で愛おしさも募ります。

 

リアル異性には画面では得られない魅力が詰まっているのです。
魅力に触れないままスルーなんて、もったいないとは思いませんか?