周りが引いてしまうほど、のめり込んでいないレベルの男性オタクが、女性に許容されるようです。

オタク度の許容範囲~女性編~

 

オタクと聞くと以前までは陰気で暗いイメージが付き纏っていましたが、最近のオタクに対するイメージは少しずつ変化してきており、一昔前に比べると大分明るいイメージに変わりつつあります。

 

とはいえ、女性から見るやはりオタク男子というのは恋愛や結婚からもっとも遠い存在というイメージが未だに根強いですが、オタク男子の数は何故か年々増加傾向にあります。

 

女性の中にはオタク男子を恋愛対象として挙げる人も少なからず存在していますが、それでもオタク男子の「オタク度」によって許容範囲は異なってきます。

 

多くの女性はつまらなそうに生きていて何事にも無関心な人よりもアニメやゲーム等、「何かに熱中している男性」の方が好ましいと感じています

 

増加

そのため最近ではオタク男子に対して好意的な評価をしてくれる女性も少しずつ増えてきているのです。

 

ただ、オタク度が高過ぎる男子はやはり女性から見ても恋愛対象として見られない事が多く、あまりにもゲームやアニメにのめり込み過ぎるのは避けた方が無難です。

 

オタク男子は自らをオタクだと自覚している人がほとんどですが、自分がどれくらいのオタク度なのかを把握いている人は意外にも少数派です。

 

そのため、まずはオタク男子として自らのオタク度を見つめ直し女性に許容されるレベルのオタク度を目指す事が大切です。

 

最近では腐女子と呼ばれる女性版のオタクも登場していますが、こうしたオタク女子達とも積極的に交流を深める事によって女性に対する耐性や免疫を身に付けるといった方法もひとつの手だと言えます。

 

また、通常の生活を送っている女性にとってオタク男子の生態や日常生活は未知な部分が多く、実際にオタク男子と接してみないと許容範囲についても見えて来ないというのが現状となっています。

 

ただ、多くの女性は「のめり込み過ぎていないレベルのオタク度」や「引かない程度のオタク度」であれば許容できると考えていることが多く、とにかく周りから見て引かれるくらいのめり込んでなければ女性から許容される可能性はあると考えておくのが無難です。