オンライン上で今交流のある仲間は、もしかしたら将来有望なパートナーかもしれません。

二次元好き同士で付き合う選択も

 

一人ではやはりどこか寂しいから誰かと付き合いたい!
やはり自分のプライベートにいれる人には趣味を肯定してくれ、その上で自分を好いてくれたら幸せ。
でもそんなリアル異性は果たしているのか?


という方、ご安心ください。

 

 

同じ二次元を愛する異性が存在するという可能性をお忘れではないでしょうか?

 

リアル異性には苦手意識があっても、同じ穴のムジナ・・・いえ、同じ二次元好きの異性ならきっと話は別ではないでしょうか。

 

二次元好き同士はお互いの共通認識として、“男女”の前に“同志”が来るものでもあります。
自分の愛するものを大切にする気持ちや情熱は通じるものがあり、言葉にしなくても理解してくれるのはありがたいですよね。

 

同じマイノリティに属する者だからこそ、相手の趣味に深く立ち入りすぎず、適度な距離もなんとなく分かる。そして苦労や喜びを共有できる範囲はもしかしたら一般のカップルよりも広いかもしれません。

 

 

二次元好き同士の表現の場は様々

カップルとしてのイベントももちろんついてくるでしょうが、共通の趣味が二次元であるからこそ多様に楽しみの場は増えていきます。

 

作品にハマる度に新しい扉を開くので、二人の間にマンネリ化なんてないのではないでしょうか。

 

例えばイベント参加や事前準備、コスプレなどの非日常を一緒に体験することができたり、原作ネタ満載の会話、とある作品の熱いシチュエーションの再現をして遊んでみたり、自分たちの好きな作品を介しての交流は二人いれば多様に広がり、一人では得られない充実感を得ることができます。

 

例えリアル異性に対して億劫でも、まず同志としてからの交流で入っていけば、案外すんなりいくものです。
オンラインのゲーム上で知り合って、オフ会から知り合ったら意気投合して交際へ、というケースも現代社会では珍しくないケースとなりました。

 

男女の関係だけでなく仲間としても二重の絆を得ることができます。

 

オンラインという実際の性別が不確かな場ならば、リアル異性だからと肩肘張らずにお互いの素で対話することができます。

 

もしやこの人!と直感を得たのなら、リアルだからと臆せずオフ会に参加してみてはいかがでしょうか。二次元を抜け出す第一歩です。

 

オンライン上で今交流のある仲間は、もしかしたら将来有望なパートナーかもしれません。